人気ブログランキング | 話題のタグを見る

雑感

カメラの楽しみ方

こんにちは。店長代理の持塚です。

皆さん突然ですが、最近のデジタルカメラの性能はびっくりするな~と思いませんか?
画素数で言えば1000万画素は当たり前、1600万や2400万、
3600万、5000万画素・・・と年々新製品が出るたびに数字は上がり、
また、感度領域にしても上限の数値がこの前までは6400ですごい世界だと思っていたら、
12800や25600などこちらもどこまで数値が上がるのか???と関心するばかり、
ユーザーの声を真摯に受けたメーカーの企業努力の賜物ですね。

でも思い出してください。デジタル全盛期で気持ちはわかりますが、
皆さん、フィルムカメラの存在を忘れてはいませんか?
今のカメラには写真を撮影する上で失敗がほぼ無いように
さまざまな便利機能が設けてあります。
それは失敗が許されない「プロカメラマン」の立場ならわかりますが、
一般的には写真を趣味としている皆様の人口のほうが遥に多いわけであります。

本来写真が「写真」として綺麗に写るには
「シャッタースピード」と「絞り」、最低でもこの2つは必要、
デジタルであれフィルムであれ一緒ですよね。
私の個人的な見解ですが趣味な訳ですから、
そういった撮影に至る過程をカメラ任せにせずに
自分で操作が楽しめるフィルムカメラも「有り」ではないかと。
写真を趣味とした場合、その切り口はさまざま、「記録性、芸術、記念撮影」もあれば
「街歩き」のお供になんて使い方もやはり趣味だと思うんです。
散歩の延長線にカメラの存在を見た場合、
それは「贅沢に時間を使う」これに尽きると思います。
撮影に至る過程をデジタルは効率化して作業時間が短くて済みますが、
せっかくのお休みの日に急ぎ足で街歩きをしても面白くありませんよね。
そんなときはやはりフィルムカメラ、それも思いっきりクラシックのカメラです。
確かに失敗はあると思います。でも自分で一生懸命考えた露出が成功し
最高の一枚が撮れた瞬間は嬉しさ倍増!!
デジタルでは味わうことの出来ない世界ではないでしょうか?
大貫カメラではこういった時間を贅沢に使うクラシックカメラを多数取り揃えております。
カメラの楽しみ方_c0202123_17495185.jpg
もちろん、フィルムカメラでは到底撮影が出来ない条件で
撮影が出来てしまうデジタルカメラの魅力も理解しております。
だからこそ、フィルムカメラとデジタルカメラで撮影する被写体内容を変えるなどして
お互いの存在価値意義を尊重し撮影者が使い分ける事が
大切ではないかと思う今日この頃です。

持塚

by camera-ohnuki | 2014-09-01 17:51 | 雑感

横浜にある大貫カメラのブログです 〒231-0065横浜市中区宮川町2-47 045-231-0306


by camera-ohnuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31